A~Cではじまるアーティストの記事 (1/23)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't say hi if you don't have time for a nice goodbye /noiserv feat. Cascadeur

ポルトガル出身のアーティスト「David Santos」によるプロジェクト「noiserv」。
アルバム「Almost Visible Orchestra(A.V.O.2015年盤)」収録曲「Don't say hi if you don't have time for a nice goodbye 」のMusicVideoが公開されてますね。
フランス出身のアーティスト「Alexandre Longo」によるプロジェクト「Cascadeur」を迎えた しなやかな旋律と風合いが心地良い作品になってますよ。
noiserv - Don't say hi if you don't have time for a nice goodbye feat. Cascadeur - YouTube

▼ライブ映像が公開されてますよ。
noiserv - This is Maybe the place where trains are going to sleep at night LIVE - YouTube

▼せっかくなので。 Cascadeurのビデオも見ます?ヘルメットを被っている人がCascadeurさんです。(このビデオの為に ヘルメットを被っているのではなく、音楽活動をしている時は、常にヘルメットやマスクを被っている人です。)
Cascadeur - Ghost Surfer - YouTube
スポンサーサイト

We Are Barely Alive/Barely Alive

アメリカを拠点に活動しているダブステップデュオ「Barely Alive」。
最新アルバム「We Are Barely Alive」が発売されましたよ。デビューアルバムになるんですかね?
参加アーティストは「Armanni Reign」「Ragga Twins」などなど。
刺激的なMCとサウンド。心臓の鼓動が攪拌されてる気分です。
▼収録曲「Elephant」のMusicVideoが公開されてますよ。ゾウ、暴れてます。
注意)ユニークでやんちゃなアニメーションですが、1:00~1:20あたりに ゾウが弓をひく→人の眼鏡に当たるシーンが出てきます。繊細な人はご注意を。
Barely Alive - Elephant (Official Video) - YouTube

▼アルバム収録曲試聴できます。

▼↑表示されてない場合は直接聴いてきて。
https://soundcloud.com/barelyalive/sets/wearebarelyalive

妖怪・東京編/逆風少女

「永遠の18歳」をコンセプトの一つに掲げている 台湾を拠点に活動しているグループ「逆風少女」。
東京で撮影された「妖怪」のMusicVideoが公開されましたよ。日本語訳付きです。
パリ編、台北編に続き 東京で撮影されたビデオには、ホワワ~ンとゆる~い音楽にのせて セーラー服を着た女性が踊っています。それが何だか可愛いのです。
逆風少女 - 妖怪(妖怪) 東京 – YouTube

↓他のバージョンのビデオが気になった人はこちら。
・逆風少女 - 妖怪(Monster) 台北 – YouTube
https://youtu.be/PB-l7hdwtqQ
・逆風少女 - 妖怪(Monstre) 巴黎 - YouTube
https://youtu.be/Aw331Am9yhw

Counting Down The Days /Above & Beyond feat. Gemma Hayes

UKを拠点に活動しているグループ「Above & Beyond」。
アルバム「We Are All We Need」収録曲「Counting Down The Days」のMusicVideoが公開されましたよ。
シンガー「Gemma Hayes」の儚げなボーカルが印象的な作品ですね。
Above & Beyond feat. Gemma Hayes Counting Down The Days (Official Video) - YouTube

Pelicans We /Cosmo Sheldrake

9月に開催される「京都音楽博覧会2015」に出演する ロンドン出身のアーティスト「Cosmo Sheldrak/コスモ・シェルドレイク」。
EP「Pelicans We」収録曲「Pelicans We」のMusicVideoが公開されましたよ。
馬車の上、コインランドリーなどでライブをする姿が どことなくユニークで印象的なビデオを発表しているCosmo Sheldrak。
今作は ハンガリー・ブタペストの温泉地で撮影されたようで、こちらもいい雰囲気です。
画家/詩人「Edward Lear(1812-1888)」の作品「The Pelican Chorus」に インスピレーションを受け生まれた魅力的な楽曲ですよ。
Cosmo Sheldrake - Pelicans We (Live in the Budapest Baths) - YouTube

▼じゃぁ。せっかくなので。EP「Pelicans We」収録曲「Rich」のMusicVideoもよかったら。家畜小屋で演奏しているCosmo Sheldrakの背後で ゆったりしているウシ。動きまわるブタ・・・。いい空気感です。
Cosmo Sheldrake - Rich (Ft. Anndreyah Vargas) (Live at the Pig Sty) - YouTube
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。